ぴんまブログ

10代、20代、30代、40代、50代など、年齢によってボディメイクの内容は変わるのか

年齢によってボディメイク(ダイエットや筋トレ)のボリュームやカリキュラムは変わってくるのかを考えてみました。

※私の個人的な見解ですので、予めご了承ください。

結論から言いますと

 

『変わらない』

 

が答えになります。

しかし、厳密には『ほぼ』をつけます。

 

私の考えるボディメイクとは

  • 脂肪の少ない締まった体
  • 色素沈着やたるみの少ない肌

この2つを念頭に置いて考えて、筋トレや抗酸化作用のあるサプリを使って、体の中と外から鍛えていくというものです。

つまり、10代であっても、60代であっても行う内容は基本的に変わりません。

食事(栄養)とカロリーの調整、出来る範囲での運動をメインに、サプリメントで補っていくというスタイルです。

(もっとも私自身は、老化現象に抗うをモットーにやっていますが笑)

しかし、ボディメイク(ダイエット)をしようとする目的は、それぞれの年代で変わってくるんだろうなと思います。

若い世代は、少しでも“カッコよくなりたい”“キレイになりたい”という意識が強いと思います。

私はいわゆる中間世代?だと思いますが、“今を維持したい”という意識が強いです。欲を言えば若くありたいですね。

おそらくこのまま歳を重ねていくと、また今と違った意識になるんだろうなと思います。

私が50代であれば、老後を意識して“健康寿命を延ばす”ことを考えると思います。

体もですが、“脳も鍛えたい”と思うはずです。

実際になってみないとわからないですけどね。

少し話がずれましたが続きです。

 

しかしながら10代と60代では、基礎代謝も違いますし筋力も違います。

加えて間接の磨耗や水分量の喪失など、若い時とコンディションがまるで違います。

ですので、方針は同じですが運動の強度が違ってきます。

 

60代の方にいきなり1つ10kgのダンベルを渡しても、こなせる方は少ないでしょう。

むしろ、健康な体を痛めつける結果になる可能性の方が高いです。

ですので、その一人ひとりが可能な運動強度で、基礎代謝を管理していくのがいいのではないかと思います。

 

年齢や性別、元の体型で可能な運動は異なります。

イメージとしては

若い世代は、食事8割、運動2割の感覚でボディメイクをする。

年配世代では食事9.5割、運動0.5割もしくは食事に10割置いても構わないと思います。

齢問わず言えることは『継続して行う』です。

継続をやめてしまえば、若かろうが、筋力があろうが、ドンドンしぼんでいきます。そして太っていくでしょう。

楽してボディメイク(ダイエット)は叶いません。

カッコイイ体の人は、必ず何らかの努力や我慢をしています。

継続は力なりというのがピッタリですね。

 

あと20年早くこの事に気が付いていたら、勉強も頑張れたかもしれないな・・・。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。