ぴんまブログ

家で懸垂を半年ガチった結果と過程【自重トレ】

キザ男君
キザ男君
懸垂を半年やり続けたら、どのくらい変化するの?

家トレや自重トレの中でも最強クラスのトレーニングと称される「懸垂」ですが、半年間継続的にやり続けたら体にどのような変化が起きるのか興味はありませんか?

実は僕は懸垂機を購入してからはざっと4年は経つ家トレーニーなのです。

まぁ、ずっとやり続けてはいない似非トレーニーですけどね(笑)

ただ、この半年程度は気合いを入れて懸垂と腹筋ローラーに注力してきました。

そこで、懸垂を半年程度行うと、体にどんな変化が起きるのかを写真付きで紹介していきたいと思います。

家で懸垂を半年ガチった結果と過程

背中はこんな感じです。

前からはこんな感じです。

マッチョとは程遠いものの、ガリガリとかおデブさんでは無いですよね!

半年間、ひたすら懸垂を続けるだけで、上半身はこのくらいにはなります。

どんな感じで懸垂をしていたかを紹介していきます。

僕の懸垂メニュー

懸垂の初めはこんな感じで、ネガティブ動作を継続するのが良いです。

一見地味な動作に見えますが、とてもキツイです。

ゆっくりと時間をかけて行うのがポイントで、最初の頃は3回できれば上等だとおもいます。

少し慣れてきたらこんな感じで連続懸垂に挑戦も面白いですよ!

最近はこんな感じのストリートワークアウトの「技」にも挑戦しています(笑)

懸垂と合わせて行う、ディップスも滅茶苦茶効きます。

懸垂で背筋を、ディップスで胸筋や肩を鍛えるとそれだけで自重の最高上半身トレーニングになると思います。

ざっとですが、僕の懸垂はこんな感じでトレーニングを行っています。

ゆっくりやってみたり、早くやってみたり。他の種目を混ぜてみたりと工夫すると飽きずにできて良い感じです!

なぜ懸垂を始めたか

これは、完全にネットで情報を得た結果「懸垂」に行きついた。

といった所でしょうか。

恥ずかしながら、背筋の鍛え方を全く知らなかった僕は、とにかく「背筋の鍛え方」とか「上半身の鍛え方」などを検索しまくっていました。

結果、多くのサイトで扱われていた種目が「懸垂」だったのです。

最初は懸垂をするために、公園などにいって懸垂できる場所を探していました。

しかし、これが中々難しいんですよ。

  • 公園は子供がいっぱい
  • 高い鉄棒が無い
  • 雨だとできない

こういった理由から、どうにか家でできないかと色々模索しました。

最終的には、少々高価ではありますが、非常にトレーニングに役立つ「懸垂機」を購入しました。

正直、洗濯干しに化けた時期もありますが、今でも現役で僕のトレーニングを手伝ってくれています。

少し話がそれましたが

  • 懸垂は運動強度が高く、家トレでは最強クラス
  • 家でもえきるトレーニング
  • 懸垂機があれば、ワイドハンドも可能

僕が家で懸垂を始めた理由は上記のメリットがあったからです。

筋トレ初心者ほど懸垂はお勧めです

家で筋トレしたいけど、何をしたらいいかわからない。

上半身を引き締めたいけど、腕立てと腹筋以外に何があるの?

こういった悩みを持つ初心者なら、なおさら「懸垂」をおススメしたいです。

  • 手軽にできる
  • 運動強度が高いため、筋肉の成長も早い
  • 回数が伸びるので筋力の成長も実感しやすい

最初は懸垂ができなくてやる気が出ないかもしれませんが、ある一線を超えると本当に一気に楽しくなってきます。

今まで10回しかできなかった懸垂が「今日は15回行けそうだ」と思う日が必ずきます。すると、本当に15回できるんですよ。

そうなってくると楽しいですよ!懸垂100回チャレンジとか始めたくなるレベルです(できるかどうかは別として)

Twitter等でも、アブローラーと並ぶ人気種目なので、仲間も作りやすいですよ!

まず、何から始めたらいいかわからない人は「懸垂」をやってみてくださいな!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。