ぴんまブログ

テレビなどメディアでの低糖質食品の紹介について物申したい

今朝、某ニュース番組で低糖質食品の紹介(おからパウダー)をしていました。

注:薬物ではありません。パウダーです(笑)

内容としては、小麦粉の代わりに代用できる低糖質パウダーなるもので、

糖質は小麦粉のおよそ1/15と紹介していました。

なので、揚げ物や、スイーツに使う事でダイエット効果が見込めると。

街頭インタビューの方にも、おからパウダーで作ったから揚げを試食して貰い、意見を求めてました。

 

『(おからパウダーを)使ってるのは言われないとわからないです。』

『無味で無臭ですね~、どんな料理にも合いそう』

 

と意見がありました。

それを見て『メディアを使ってそんな誤解しやすい事を言っちゃいかーん!』って思いましたね。

確かに低糖質な小麦粉と思って普段の料理に使えば、その分は糖質を抑える事はできます。(小麦粉分だけ)

無味無臭ならどんな料理に使っても大丈夫でしょう。

それはそうですよ、企業が練りに練って企画化して生まれた商品なのですから。

そんな商品なのに誤解する伝え方をしたらダメですよね。

 

番組で紹介した揚げ物やスイーツはそもそもカロリーが高い(汗)

そんな食べ物にダイエット効果を期待してどうする(笑)と言いたいです。

そこを理解している人が使えば効果は高いと思いますが、素人は

『テレビでしていたから信用度が高い、低糖質だからいくら食べても大丈夫』

と、誤解します。

私が糖質の調整に使っている糖質0麺も、それ自体は糖質が無いのですが、他の食品で糖質を摂らないように気をつけています。

低糖質だからといって。他で摂ってしまっては意味がないですからね。

ですので、

『小麦粉の代用品として低糖質なおからパウダーを使う事によって、普段の食生活の糖質摂取量を全体的におよそ○%ほど抑える効果が見込めます。』

と言いなおすべきだと思います。

(私は料理をしないので、小麦粉の使用頻度がわからず、%が計算できません 泣)

せっかく良い商品なのに、メディアが誤解する表現をするとその評価は悪くなります。

 

『使ってるのに全然痩せない』

『お腹の調子が悪くなった』

などのアンチ意見が乱立するのは目に見えています。

 

テレビなどの大衆向けメディアを通すと物凄い宣伝効果がありますが、誤解しやすい言い方で情報を伝えると間違った知識が蔓延してダイエットに励んでいる方の妨げになるかもしれません。

ですので、低糖質食品(調味料)は、それ単体では効果はありますが、食事全体のカロリー、糖質、脂質、たんぱく質をしっかり把握しましょう

せっかく様々な企業が開発した素晴らしい食品なのですから、効果を最大限発揮できるように正しく理解しましょう。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。