ぴんまブログ

10分ランニングやHIITでマラソンは速くなるのか?

僕がルーチンで行っている10分ランニングとHIIT。

これでマラソンは速くなるのかを、僕の実体験でお話していきたいと思います。

ちなみに、リレーマラソンなるものを走りまして、1.3km×5で走りました。

今回はその結果と感想についてお話していきます。

10分ランニングやHIITでマラソンは速くなるのか?

  • 10分ランニングとHIITでは、マラソンは速くなりません(断言)

いや~。

10分ランニングはともかく、HIITは相当きついので効果があるかと思っていましたが、全然ありませんでした(笑)

1.3kmという短い距離なのに、息は上がるし脚は痛くなるし・・・。

そして、何よりショックだったのは、小学生くらいの児童に抜かれたこと。

毎日頑張っていた割には結果が伴わない残念な結果になりました。

どうしたらマラソンは速くなるか

とにかく走る事でしょうね。

1.3kmとかなら、毎日その倍の距離を走っていればなんとかスピードが上がっていく感じなのかな。

ちなみに、陸上部の頃は朝に10km、夕方に10kmとか走ってました(笑)

そんな生活を半年ほどすれば、駅伝部の連中とそん色ない程度には速くなったのを覚えています。

なので、マラソンを速く走りたいのであれば、HIITや10分ランニングではなく、目標距離の倍以上継続的に走る事が良いと思います。

10分ランニングやHIITの意味はないのか

速くなるには、やはりランニングが必要ですが、ダイエット等のボディメイクが目当てであるならば有効なトレーニングだと思います。

特にHIITはインターバルを用いた超強度のトレーニングなのでボディメイクには非常に効果的であると言えます。

つまり、速くなりたいのであればとにかく走り、ボディメイクをするのであればHIITや10分ランニングでも大丈夫ということです。

目的に合わせて、トレーニングを変えていきましょう!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。