ぴんまブログ

【小顔効果】舌運動でアンチエイジング!【輪郭ライン】

歳を重ねるに連れて、若い時に戻りたいって思いますよね。

若く見えるために必要な事

若く見える=その人の外見

  • ボディライン
  • 肌質
  • 髪質
  • 顔(シミやしわ)
  • 姿勢

こんなものでしょうか。

普段人から見られる状態って服を着ていますね。

姿勢がよく、ボディラインがキッチリしている人なら、後姿は若者と変わらないでしょう。

正面を向いた時、年齢というのは現れてきます。

正面を向いた時、見えるのは当然の事ですが「顔」です。

顔の状態で、加齢を感じさせていくのです。

老けると?

自分の若い時と比べて「今」はどう違うのかを考えてみましょう。

私を例にしてみます。

  • 目じりが垂れてきた
  • シミが少しできた
  • ほうれい線がくっきりしてきた
  • 輪郭がハッキリしていない(二重顎)
  • 髭が濃くなった
  • 少し髪が後退してきた
  • 肌の水分量が減ったと思う

私が、10年前と比べて老けて見えるのはおそらくこういった理由です。

この中のほとんどは、外科的治療を受ける事で改善ができます。

しかし、多額の費用がかかるので、一般人にはまず無理な話です。

舌運動でアンチエイジング!

そこで、今回私が提案するのが

『舌運動』

です。

舌運動を行うことで、表情筋やあご周りの筋肉が刺激されます。

期待できる効果がこちら

  • ほうれい線の薄化
  • フェイスラインの明瞭化(二重顎の改善)
  • しわ、たるみの予防
  • 顔のゆがみ矯正

こういった効果が期待できます。

他にも

滑舌の改善なども見込めるためやって損はないと思います。

舌運動のやり方

<舌回し>

  1. 舌を歯茎に沿って、右に1回転、左に1回転を1とします。
  2. これを20~25回行いましょう。
  3. 20~25回を1セットとして、1日に2~3セッ行うのが効果的です。(50~60回/日を目安に)

<舌押し>

  1. 舌先で上顎の歯茎を出来る限り力強く押し上げます
  2. そのまま30秒キープ
  3. 30秒休憩を入れて3セット行う

やりすぎに注意

舌運動は、アンチエイジングとして効果を発揮するトレーニンですが、やりすぎには注意しましょう。

やりすぎると、顎が痛くなったり、唾液が詰まってしこりができたり、エラが張る原因にもなります。

普段やらない運動なので、決められた回数をやるだけでも効果は現れるはずです。

まとめ

偉そうにズラズラと書いていますが、私自身、舌運動を始めてまだ間もありません。

ボディメイクを意識して、トレーニングや食事に気を使っているのですが、顔周りがどうしても変化が無いんです(汗)

なので、色々と模索した結果、舌運動が1番よさそうだったのでここに載せたわけです。

舌運動をこれから続けて、1ヶ月おきにでも効果を追記していけたらなと思います。

※男性の悩み

髭は脱毛しよう!これしかありません(笑)私もいつかは・・・。

頭髪に関しては・・・

シャンプーなどを見直して、頭皮のコンディションを整えましょう。

私は亜鉛に微かな期待を込めて、これからも継続して飲んでいきます(笑)

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。