ぴんまブログ

家でダンベルを買うなら可変式のものを買うべき

ダンベル持っていますか!?

筋トレをするには欠かせないアイテムですが、皆さん何キロのダンベルを持っていますでしょうか。

家トレでやる分には10kgで良いと思って、僕は10kgの組み立て式のダンベルを2セット持っています。

実際に家でダンベルトレーニングをしているわけですが、これで本当に充分だったのか、何か足りないと感じなかったか?

これらについてお話していきたいと思います。

ダンベルをこれから買おうとしている方には、参考になるかと思います。

家でダンベルを買うなら可変式のものを買うべき

ダンベル10kgを買って思ったのですが、ダンベルを買うなら可変式にするべきでした。

可変式とはこんなダンベルの事で、この商品だと2.4~25kgまでワンタッチで変更する事ができます。

価格が高いのがキツイですが、本当に便利です。


もしくはこういった感じの、バーにウェイトを付けて、加重を増やせるタイプのものがオススメです。

こちらだと、高くても1万円程度で買う事ができます。

ちなみに僕はこのタイプのダンベルを持っていました。

可変式ダンベルがオススメな理由

  • ウェイトトレーニングは重い→軽い等、加重を変えて追い込む
  • スクワットやデッドリフトは重くていいが、ダンベルフライは重いとできない

お分かり頂けるでしょうか。

ダンベルって、案外色んな重さを使いたいものだったんですよ。

ジムに行けば、1kg単位で何キロもたくさんあるので、使いたい重さを選んでトレーニングをこなすだけなので何も思わないかもしれませんが、家トレだとそうはいかないんです。

可変式じゃないと、ダンベルを何種類も用意するか、プレートを付けたり外したりをトレーニングの種類もしくは追い込み時には変えないといけないんです。

これが地味にストレスで、やる気をなくす原因にもなります。

可変式ダンベルは、本家を買うとめちゃくちゃ高い

可変式ダンベルの本物という言い方は語弊がありますが、一番最初に出したメーカーの物は滅茶苦茶高いです。

確か7~8万とかしたような記憶があります。

今は量産型のものが多く市場に出回っていますので、そちらを買うと良いかと思います。

Amazonでみても2万~でいくつか種類があるので是非見てみて下さい。

ちなみにこれは、Amazonで最安値の可変式ダンベルでした。

値段によって何が違うかは全種類を購入しないとわからないのでハッキリは言えませんが、Amazonの場合、口コミがあるのでそちらを参考にすると良いでしょう。

ダンベルトレーニングを本気でするなら、可変式or複数のダンベルを

ダンベルトレーニングを本気で行うなら、軽め~重めのダンベルを複数持つか、可変式のダンベルを用意することをオススメします。

僕のように中途半端にケチると、トレーニングの継続が困難になり、せっかくダンベルを買ったのに埃をかぶる羽目になってしまいます。

「トレーニングの度に重さを買えるから大丈夫!」という絶対的自信がある方以外は、可変式を買う事をガチでオススメします。

僕も可変式を買って、便利過ぎてダンベルトレーニングがメチャ楽しくなりました!

あと、買う時のポイントなのですが、グリップの所はよく見た方が良いです。

滑り易いとかの問題があるものもありますので、ご注意ください!あと当然のことながら、ワンタッチで簡単に重さを変えられるかも見ておくのが良いですよ!

それでは、良いダンベルライフを!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。