ぴんまブログ

HIITのやり方を間違えると効果はありません

HIITやタバタ式のインターバルトレーニングって、凄い効果があるって聞いたけど、全然効果がないんだけど!

と悩んでいる方はいませんか?

HIITやタバタ式トレーニングは、正しいやり方でトレーニングをすれば効果がはっきりとでますが、少しでも間違ったやり方をすると効果はほとんど出ません。

この記事ではHIITの失敗しやすいポイントを説明していきたいと思います。

間違った認識を改め、正しい手順でHIITやタバタ式トレーニングを行いましょう。

HIITのやり方を間違えると効果はありません

HIITは効率的なトレーニングですが、以下で説明する間違った手順を踏むと効果はほとんど出ません。

HIIT(高強度インターバルトレーニング)の間違いやすいポイント

  • 8セットに囚われすぎる
  • 4分で終わらせようと意識しすぎる
  • 全力を出し切れていない
  • HIITに向いていない内容でHIITに挑戦している

大体こういったポイントが、HIITを行っているのにも関わらず、効果が出ないと悩んでしまう原因となっています。

まず、セット数です。

「基本は20秒全力10秒休憩の8セットで計4分のトレーニングなのですが、その8セットに拘るあまり、全力ではなく8~9割程度に力をセーブして行ってしまう。そして4分持つように調整してしまう。」

これがHIITで効果を得られない原因の一つでしょう。

HIITの弱点でもあるのですが、全力運動は自分が思うよりも遥かにハードな内容です。

一人で行うと、どうしても自分に甘えてしまい全力を出し切れずにやってしまう。

これがHIITの最大の弱点でしょう。

これらのポイントをしっかりと理解すれば、自然とHIITが効果的なトレーニングへと変わっていくでしょう。

HIITで効果を出すためのコツ

  • 最低2セットにする
  • 途中で休憩をしても良いからとにかく8セットを目指す
  • 8セットよりも、体力が0になる直前まで追い込むのが正しい
  • 複数セット行うとペースがガタ落ちするのは当然、そこを乗り越えてHIITは真価を発揮する

全力運動は1セットはできて当たり前です。

ですので、まずは2セットを最低ラインにしましょう。

ただし、2セットが限界ならば、3セット目に挑戦できるまで休憩し、そこから再び2セット頑張りましょう。これを8セット目指せばOKです。

8セットという数字はあくまで教科書的な模範解答です。

8セットも続く体力は最初は絶対にありませんが、繰り返し行っていくといつか8セットでも足りなくなるかもしれません。

その時は、力尽きるまで繰り返してください。

初心者の時も、8セットに拘らず限界が来るまでやってもOKです。

HIITのコツはとにかく高強度インターバルにあります。つまり、1セット目の運動強度を100として3セット目は30になってしまったとしても、そこを乗り越えてやり続けるのが一番の近道という事です。

HIITのおすすの運動はダッシュとエアロバイク

HIITは、ダッシュやエアロバイクに適していると思います。

これらの運動ができる環境を探してみましょう。

運動公園や、ジム、エアロバイクが自宅にある方は是非チャレンジしてみてください。

吐きそうになりますが、その効果は本物です。

タバタ式プロトコルで動画検索をすると、筋トレバージョンもありますよ!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。