サプリメント

HMBサプリメントの説明と飲んだ結果

トレーニング代表サプリといえばプロテインですね。

その他、BCAA、クレアチンなどのサプリもたくさん出ています。

HMBも最近注目を集めているサプリです。

今回HMBの一般的な説明と私が飲んだ結果を正直に書いていきたいと思います。

HMBサプリメントとは

HMBとは、必須アミノ酸であるロイシンから合成される物質であり、β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と呼ばれる物質の事を指します。

過去にお話ししたBCAAに含まれるロイシンが材料です。

1gのHMBを生成するには20gのロイシンが必要と言われています。

BCAAをトレーニング前に摂取することで、筋肉の分解(カタボリック)を防ぐと言われています。

BCAAの中でも特にロイシンが主となって働きます。

HMBとは、そのロイシンの濃縮成分と言っても過言ではないのです。

HMBの効果

  • 筋肉の合成促進
  • 筋肉の分解を抑制
  • 筋肉の回復促進

筋肉の合成の促進は初心者(筋肉量の少ない方)に特に顕著に見られるそうです。

ゆえに、女性や、年配の方には特にメリットがありそうですね。

先ほども述べました通り、ロイシンは主に筋肉の分解を抑制します。

したがって、トレーニング前に飲む事で筋肉の分解を防ぎながらトレーニングを行う事が可能です。

筋肉量が落ちやすい、減量中の方にメリットがあると言えるでしょう。

また、筋肉の超回復を早めるとも言われており、HMBを摂取する事でトレーニングのサイクルを早める事ができるでしょう。

HMBとの相性の良いサプリ

HMBと相性が良いのは、クレアチンです。

クレアチンを簡単に説明すると、筋肉内に存在する物質であり、主に筋肉用の増加に影響を及ぼします。

クレアチンは飲み方が難しいサプリですが、うまく利用することで筋肥大の速度が飛躍的に上昇します。

HMBはその逆の効果が強いため、クレアチンで筋肉量の増加、HMBで筋肉の増加と減少の抑制を期待することができるのです。

具体的には、50%程、サプリを飲んでいない人よりも筋肉量の増加が見込めるそうです。

※ただし、トレーニング初心者に限る

HMBサプリは副作用が気になる

HMBは近年出てきた、新しいサプリメントです。

ゆえに、体に入れても本当に大丈夫なのか?と疑問視されているサプリでもあります。

私個人的な意見になりますが、数か月程度の摂取であれば問題はないと思います。

しかし、今後ずっと飲み続けるとなると話は変わってくるのではないかと思います。

HMBに関わらず、プロテインも同様ですが、栄養は摂取して必ず肝臓等で分解されて代謝されます。

したがって、HMBが筋肉に良いのは間違いないのですが、肝臓や腎臓などの臓器に少しずつではありますが疲労が蓄積されていきます。

その結果、加齢を重ねていく毎に疲労も蓄積されていって、いつかは臓器不全が発生するかもしれません。

つまり

  • サプリメントが栄養補助食品だからと言って、過剰摂取は控える
  • 栄養過多にならないように調節を行う
  • 体調が優れないときは摂取をやめる
  • 定期的に健康状態を調べる

これらを意識して付き合っていけば、特に問題はないのかなとも思えます。

自分が飲んだ感想と結果

HMBを飲んで、目に見える効果は得られませんでした。

飲むタイミングはトレ前で、期間はこの2か月は飲んでいました。

初心者というのがどの程度を示しているのか不明瞭ですし、おそらく重いウェイトを用いたり、クレアチンで筋肉量を増やしたりしないと効果が薄いんじゃないかな・・。

そういう意味では初心者には難しいサプリな気がします!

上級者になって、減量期に補助的に使うのが正解なような・・・。

初心者は、HMBよりも、たんぱく質を意識して摂取しましょう!

ではまた(^_-)-☆

 

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。