ぴんまブログ

エアロバイクとジョギングどちらがいいか比較してみた

有酸素運動の代名詞である「エアロバイク」「ジョギング」ですが、どちらが優れているのでしょうか。

エアロバイクとジョギングのメリットとデメリットを挙げて、比較していきたいと思います。

ちなみに僕はALINCO(アルインコ) プログラムバイク6215 AFB6215という種類のエアロバイクを購入所持しています。

そして、僕は幸いな事に中学高校と陸上部だったので、ジョギングも腐る程やっています(笑)

それらの経験を元に説明をしていきますので、エアロバイクジョギングどっちがいいんだろう~と悩んでいる方はぜひ見てみて下さい。

エアロバイクとジョギングどちらがいいか

シチュエーションによって変わってくるという所が正直な所ですが、僕個人としては「エアロバイク」に軍配が上がると思います。

かなり賛否両論があると思いますが、2015年にエアロバイクを所持してからの経験感想ですので、そこそこの信頼性はあるのではないかと思います。

それでは、次になぜエアロバイクが良いのか、ジョギングと比較していきます。

エアロバイクとジョギングのメリット、デメリットの比較

エアロバイクのメリット・デメリット

まずはエアロバイクからいきます。これは2015年からの使用経験に基づいたものです。

メリット
  • 天候に左右されない
  • 室内温度を調整し、春夏秋冬関係なく一定の環境で運動できる
  • 長時間の運動も動画や音楽を視聴しながら可能
  • 心拍数のコントロールが容易
デメリット
  • 単調で飽きやすい
  • 部屋にスペースがいる
  • そこそこ高価(1万~は必須)

こんなところでしょうか。

やはり、年間通して良くも悪くも同環境で行えるのは非常にデカかったです。僕は寒さにとにかく弱いので、暖かい部屋でできるのと、雨天に強い点が嬉しかったですね。

動画を見ながらできるのもGOODです。15分程度のyoutubeを見ながらやると、あっという間に終わります。

ただ、やはり追い込みに欠ける気がするので、心肺機能を上げたいという方は、ジョギングの方が良いかもしれません。

ジョギングのメリット・デメリット

メリット
  • コース変更で飽きにくい
  • 肺機能を追い込める
  • 足首や腱が鍛えられる
  • マラソン大会等、出場意欲が沸く
デメリット
  • 雨天に弱い
  • 気温に弱い
  • 事故の可能性がある
  • 夜間は反射帯必須

エアロバイクは、動画や音楽で「飽き」を紛らわせますが、ジョギングは「コース変更」が極めて有効です。

また山コースなどの「勾配」を利用する事によって、心肺機能を高める事に適しています。そして、案外僕らの周りには「ジョギングやマラソンが趣味」の人が多くいます。

社会にでると顕著に実感できます。

そういった時に「マラソン大会出ようよ~」と誘われた時にいつもなら「う~ん」と考え込んでしまいますが、日ごろからジョギングをしていれば、二つ返事で「いいよ!」と即答できるようにもなります。

かなり、良いことづくめに見えますが、ジョギングの弱点は「天候・気温に非常に弱い」というところでしょう。

「俺は雨でも雪でも灼熱でも関係ない!」という方はジョギング一択なのですが、僕は寒さに弱いので、冬はどうしても走る気になれませんでした。

部活で強制的にやるならともかく、社会に出ると、それらは全て自己判断になります。

冬に走って汗をかくと、それが服と肌の間に垂れた時、めちゃくちゃ冷たいんですよね。走り終わった後も汗でペタペタしてきてそれがすぐに冷えピタ並みに冷たくなるんですよ・・・。

日本が常春とかならジョギング一択なんですけどね~。

あとは、夜間に走ったりすると、反射帯が無いと普通に事故ります。

車の運転をしていて、いきなり人が現れた!とかの経験ありませんか?反射帯がないと、常にその危険が付きまといます。

まぁ、ちゃんと道の端っこを厳守して周りを警戒しながら走れば、大丈夫なんですけどね!

色々と気苦労が多いのがジョギングって感じですかね!

目標によって使い分ければ良い

  • ダイエットで継続的に有酸素をしたいのであればエアロバイク
  • マラソンが速くなりたいのであればジョギング

もうこの二択でいいと思います。

やっぱり、天候や気温に左右されずに一定の環境でできるエアロバイクはダイエット向きでしょう。

飽きやすいので、そこだけ対策を考えれば大丈夫です。

マラソンが速くなりたいのであれば、実践のジョギング一択でしょう。

ダイエットと違って、毎日する必要もないので、自分のペースで鍛えればOKです。

エアロバイクを選ぶ時はここを気にして

エアロバイクをアマゾン等で探すと、1万~数万で出てくると思います。

僕が買ったのは3万円程度だったと思いますが、選んだポイントは以下の通り。

  • 心拍数測定機能付き
  • 負荷調節機能付き
  • 負荷パターン機能付き
  • サドルやハンドルの位置調節付き

この中で優先すべきは、サドルやハンドルの位置調節機能。次いで負荷機能といったところでしょうか。

エアロバイクや有酸素運動で、ダイエット効果を目指すのであれば心拍数の管理も欠かせません。

適切な負荷と、適切な心拍数の把握がダイエット成功への近道となります。

少し高い買い物ですが、年間通して有酸素運動ができるアエロバイクは、非常にお勧めなダイエット器具だと言えます。

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。