ぴんまブログ

継続が途切れる原因はコレ【筋トレ】【ダイエット】

何かを新しく始めた時、みんな最初は頑張れるんです。

そんな何かを継続している時に、それが途切れてしまう事は残念ながら多々あります。

継続が途切れる原因として

  • 個人によるもの(面倒くさいとか精神的な理由)
  • それ以外のも(個人に関係なく途切れてしまう理由)

この2つに分けられます。

今回は、継続が途切れる「それ以外のも」について、原因を紹介していこうかと思います。

予め、継続を途切れさせる要因を知っておけば、今後の継続に関して回避できるものも増えてくるのでは?と思いまとめてみる事にしました。

継続が途切れる原因はコレ

  • 風邪
  • ケガ
  • 天候(梅雨、台風)
  • 飲み会
  • 不意に訪れる各種誘惑

僕ら人間は、意志の弱い生き物です。

そんな中、どうにか頑張って、努力して何とか毎日継続しているという人もいます。

僕もこのブログを苦労して毎日更新していますが、いつまで続くかは自分にもわかりません。

さて、上記の表に挙げている理由は、いつ、誰にでも起こりうる要因ばかりです。

僕も実際に風邪やケガで筋トレを断念したことが数回あります(笑)

そして、ダイエットの敵である「飲み会」です。

これも相当な覚悟の元、参加しないと、その日を境に暴飲暴食が復活することもよくあるでしょう。(経験済み)

筋トレや、ダイエットにおける「楽な方へいざなう各種誘惑」も厄介ですね。

筋トレに関しては、自分が一生懸命行っているトレーニングがあるにも関わらず、テレビ等で簡単で効率的な筋トレ方法!みたいのを見てしまうと、そっちの方がいいのでは?と思ってしまい、そちらに流れてしまう・・・。そのまま、やる気も無くなって行って、筋トレをやめてしまう。

ダイエットに関しても、例えばケトジェニックダイエットをしていて、糖質の摂取量を一日5gに抑えていたのに、雑誌やネットで30gまで大丈夫!という甘いワードを見てしまい、糖質を30gギリギリまで摂ろうとして、そのまま少しずつ摂取量がオーバーしていき、結果失敗に終わる・・・。

などなど。

どれも日常的に普通に起こりうるので、要注意です。

継続を途切れさせないためには

上記の継続が途切れる理由を知っておくのはもちろん、もしそうなった時にどうするかを決めておくと良いです。

  • 風邪→治るまでカタボリック(筋分解)に気を付ける。
  • ケガ→程度にもよるが、ケガの無い箇所を鍛える。
  • 天候(梅雨、台風)→雨天や雪などでもできる環境を作っておく(ホームジム、ジム)
  • 飲み会→(行かないorノンアルで済ますor糖質の無いものをピックアップしてそれしか飲まない食べない)
  • 不意に訪れる各種誘惑→自分を信じて他は無視する。

これらは極端な例ですが、基本的にはこういった考え方でOKかと思います。

まず、自分の意志が強くないと継続はできません。しかし、不意な理由によって、意志の強さは関係なく、継続の危機が訪れる事はよくあります。

せっかく頑張っているのですから、もしもの時を考えて、自分なりの対策を今のうちから考えてみましょう。

継続が途切れる理由は他にもあります

今日紹介したのはほんの一例にすぎません。

まだ、僕も予想だにしない継続の危機はたくさんある事でしょう。

家族がいる場合は、家族の誰かが病気になったり、その看病で忙しくなったりとか、そういうどうしようもない理由も正直あります。

そういった事が起きたら「継続とかそれどころじゃない」そう思うのは当たり前です。

けど、本当に継続をできるようになると、それは食事や入浴のような「ルーチン」になってきます。

家族が入院してまで継続をしろという事ではありません。

「特に努力せずともいつの間にかこなしていた」

そんなレベルになると素晴らしいですねっていう事です。

いかがでしたか?

継続が途切れる理由を数個紹介しました。

それらに対して、事前に対策を練っておくと継続が楽になるかもしれません。

せっかく頑張っているのだから、最後までやり切りましょう!(最後っていつだろう(笑))

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。