ぴんまブログ

【たばこの影響】ボディメイクとたばこ【元喫煙者が語る】

ボディメイクや筋トレをしている方の中でも気になる人もいるんじゃないでしょうか。

タバコはボディメイクや筋トレに影響あるのか?

少し考察してみたいと思います。

※喫煙に対する非難の気持ちはないのですが、喫煙者の方は少し気分を害する文面もあるかもしれません。ご了承下さい。

初めに

まず最初に言っておきますが、私は3年程前まで喫煙者でした。

(20本/日程度の普通の喫煙者でした)

独自に得た知識と経験からのお話になります。

まず結論から。

タバコはボディメイクに悪影響を与えます。

間違いなく自信を持って言えます!

タバコがボディメイクに与える悪影響

血管収縮作用や肺機能の低下による

  • 毛細血管の消滅(酸素や栄養の運搬能力の低下)
  • トレーニングパフォーマンスの低下(酸素低下、タンパク質低下など)

ビタミン破壊による

  • 抗アンチエイジング作用の増進(ビタミンCの破壊)

食事がタバコで相殺されている方は

  • 栄養の絶対的不足による基礎代謝の低下(栄養バランスの崩壊)

これらの要因によって、喫煙者というだけでボディメイクの観念から見ると大きなハンデを背負っています。

タバコを吸っている方でたまにめちゃくち痩せている人いますよね。私もそうだったのですが、基本的に食事より喫煙を優先します。また、間食が喫煙で満たされます。

ボディメイクとは体を作るという意味です。体は栄養が無ければ作れませんね。

ニコチンで筋肉は作られませんし、酸化作用を促進しても老ける一方です。

噂ではタバコ1本で1日分のビタミンが消失するとか。

 

細かい事を言えば、喫煙者はニコチン依存状態なので集中力がありません。

なので汗を大量にかいて頑張っていても、『この後涼しいところで一本吸いたいな。』と思ってしまったら最後です。

おそらく5分持ちません。

悲しいかな喫煙者だったからわかる心理です。

タバコをやめたくなるかもしれない知識

タバコを吸っている方なら皆が知っているであろう言葉

『タバコは百害あって一利なし』

喫煙している時は

『いやいやwタバコなかったら会社でこんなにたくさん知り合いできてないからw』

『ラーメン、焼き肉、飲みの席でのタバコ、マジ最高!』

『今日も残業かぁ~。一本いって気合入れるか!』

『釣りをしながら、自然と一体化して吸うタバコ・・・うますぎたまらん・・・。』

など、一見多くの利点があります。

というか、喫煙者だった時は利点の塊と思っていました。

しかし、タバコには100種類以上の有害物質が入っています。

中でも有害なのが

  • ニコチン
  • タール
  • 一酸化炭素

ですね。

ニコチンは非常に強力な依存に陥る物質です。加えて血管収縮作用もあり、高血圧を引き起こす原因にもなります。

(私も20代前半には高血圧症になっていました。)

タールはタバコのフィルターにも染みついているあの茶色の油です。

肺が真っ黒になる原因物質で、肺胞をつぶしてしまい、肺機能を低下させます。

(私の肺活量は年齢予測値以下でした)

一酸化炭素は、吸いすぎると中毒を起こし最悪死に至る事もある危険な物質です。

おまけ

(※少しだけ化学的な話↓↓↓)

酸素は手を2つ持っています。炭素は1つです。

酸素に炭素が2つ付いたものが二酸化炭素。

酸素は通常2つの炭素を持つものなのですが、一酸化炭素は一つしか結合していません。

不完全燃焼で生まれる物質です。基本的に自然界でこのような不安定な物質は有害であることが多いです。(受験時の知識)

=一酸化炭素=毒。(終)

まぁ、結局やめるやめないは本人次第なんですよ。

喫煙しててよかった事もあったのは事実だし、今でもいつかまた吸いたいって思ってますし。

私がやめた方法や、コツも今度書いてみようかな(笑)

ではでは、また。

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。