ぴんまブログ

下半身痩せ対策

下半身痩せを目指している方は非常に多いです。

原因と対策を抑えて効率的に対処しましょう。

調べて簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

下半身太りの原因は

  1. むくみ
  2. 筋力の低下
  3. 骨盤のゆがみ
  4. 皮下脂肪の沈着

上記の4つが主な原因のようです。

下半身太りの大半を占めていそうな「むくみ」水分が体内に停滞すると、その分肉が膨らんで太ったように見えます。

筋力が低下すると基礎代謝が低下して太りやすくなるほかに、血液やリンパの流れが悪くなり、結果むくみにも繋がります。

骨盤の歪みも厄介です。歪みが生じる事で正常とは異なる筋肉の発達が現れます。その結果姿勢が悪くなり、これもむくみに繋がるのです。

むくみは水分ですが、脂肪は水分ではありません。

沈着した脂肪は贅肉として太った印象を与えるでしょう。

それぞれの対策は

むくみ対策

  • 塩分制限
  • スクワット
  • ヨガ
  • 日常生活での姿勢の改善

これらが有効かと思います。

塩分を過剰に摂ると、水分が塩に吸収され体に残ります。

ちなみに、日本の推奨塩分量は6gですが、世界では5gが良いともされているようです。

ポテチ一袋が1g弱ありますので、1日あたりの20%も占めてしまうわけです。

こういった間食が隠れ塩分の原因になりますので、一度自分がよく食べるお菓子の塩分を調べてみましょう。

現代に生きる我々は、下半身の筋肉を使う頻度が非常に少なくなってきています。

パソコンを使ったデスク作業が多い方は特に要注意です。

楽だからと足を組んで座り、1日を過ごす生活をしていると、筋力が落ちるどころか骨盤の、歪みにも繋がります。

これらを解消するのにオススメなのが、スクワットとヨガです。

スクワットは下半身トレーニングの代表と言えますし、大腿四頭筋やハムストリング、大殿筋などの強化に優れています。

ヨガは姿勢の矯正に優れていますので、ストレッチを行う際に取り入れてみても良いでしょう。

皮下脂肪

  • 筋トレで基礎代謝の向上
  • カロリー調整
  • PFCバランスの見直し
  • 有酸素運動

私のブログで何度も書いている内容で申し訳ないのですが、やはりここに尽きます。

脂肪を落とすためには筋トレ、食事の見直ししかありません。

有酸素運動は、毎日続けるのが困難だと思いますのでやはり食事の見直しがお勧めです。

まとめ

下半身に限らず、太って見える原因は、むくみ脂肪沈着です。

多くは生活習慣が原因となっていますので、食事や運動を見直してみましょう。

塩を制限するだけでもかなり違ってくると思うので、一度試してみてはどうでしょうか。

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。