公園トレ

公園筋トレについて

おそらくこのページを開いているという事は、youtube等のサイトでトレーニング動画を閲覧し、自重トレ、公園トレに興味を持ったのではないでしょうか!?

そして動画のような公園で、動画と同じような筋トレをして、演者の方のようなカッコイイ締まった体になりたい・・・。

そう思っているはず!

今日はそんな公園トレについて書いていきたいと思います。

公園トレとは

名前の通り公園にて筋力トレーニングを行う事。

最近はストリートワークアウトなる競技が流行りつつあり、公園で練習をする方も増えている。

公園で腕立てや腹筋をするのではなく、公園にある器具を使いトレーニングを行う。

ウェイトトレーニングではなく自重トレーニングが中心となる

 

どの公園でもできる?

小さな公園、大きな公園、様々あります。

どの公園でもできるわけではありません。

最低でもこの3種類がある公園が良いです。

公園トレの動画を見た方ならわかると思うのですが、基本的に鉄棒を多く使っていますよね。

鉄棒は背筋や腹筋だけでなく、上腕三頭筋なども鍛えられる優れものです。

鉄棒がない公園は、トレ公園としては相応しくありません。

ベンチも種類が限られてきます。

ドラゴンフラッグをできるベンチでなくてはいけません。

手すりが両端にあるようなベンチでは体を投げ出す体勢を取ることが困難であるため、向いていません。

≪ダメな例≫

完全にフラットか片方にだけ手すりがあるようなベンチが望ましいです。

≪良い例≫

そしてディップスバーのような器具があればさらにベターです。

ディップスに関しては滑り台などでもやろうと思えばできますが、滑り台は子供が使う遊具です。

大人がその遊具で筋トレをすれば、周りの視線は痛くなるでしょう。

理想的な公園

  • 遊具でなく、トレーニング用の器具が設置されている
  • ジョギングコースがある
  • 遊具ゾーンが離れた場所にあり、子供が少ない

公園トレは公の場で行うトレーニングです。

親子連れだったり、老人の集会だったり、バードウォッチングだったり。

様々な年代の人が様々な目的で利用します。

まだ、外でトレーニングを行う習慣が少ない日本では、筋トレを必死に公園で行っていると下手をすれば不審者扱いされてしまいます。

なので、筋トレゾーンが設置されており、遊具から隔離されている公園があれば集中してトレーニングを行う事ができます。

動画やネットにあるような公園が近くにない・・・

最大の問題点がコレです。

つい、徒歩でいけるような近所で探してしまいます。

近所にあれば最高なのですが、おそらくほとんどの人は徒歩圏内にはないでしょう。

しかし、探せば必ずあります。

最初は都会の方にしか動画に出るような公園はないと思っていましたが、それに劣るとも勝らぬレベルの公園は地方にもいくつもありました。

私の場合は最寄りで車で25分程度です。

動画に出ている方もおそらく家からそれなりに時間がかかっているのではないでしょうか。

私の住んでいる岡山県倉敷市の公園を片っ端から行ってレビューしてみようかなと密かに計画中です。

公園トレを都会の方だけではなく、地方でもメジャーにしていきたいものです。

ちなみにこの記事の写真は、私の地元大分県にある公園の写真です。

こんな公園が今の家のそばにあったらな~!

公園トレをする人用の要点

大事な事
  • あくまで公園という事を忘れない(子供の遊び場が最優先)
  • 夕方~がねらい目
  • 自重トレーニングが基本
  • 自分が行いたい種目ができる器具がある公園を探しておく

室内で行うトレーニングに飽きてきたらたまには公園でトレーニングをしてみてはいかがでしょうか!?

テンションもあがりますよ♪

ただし、トレーニング器具のない公園で必死に筋トレをすると、変質者に見られる可能性もあるので周囲の視線は意識しましょう(笑)

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。