ぴんまブログ

【イソフラボン】豆乳の効果・効能はいか程か!?【美容】

イソフラボン!

大豆に含まれている有効成分です。

豆乳は体にいいとか、色々と噂を聞いたことはありませんか?

今日は、豆乳(大豆)にフォーカスを絞って書いていこうかと思います。

豆乳のスペック

カロリー

コップ一杯(200mL)およそ90kcal

牛乳よりやや低い(牛乳は120kcal)

無調整豆乳

大豆固形成分が8%以上含まれるもの。味、匂いもきつい。

調整豆乳

大豆固形成分が6%以上のもの。無調整よりは飲みやすくなっているはず。

豆乳飲料

大豆固形成分が2%以上で果汁入りのもの、大豆固形成分が4%以上のもの。

ジュース感覚で飲める。

豆乳パワーで言うと

無調整豆乳>調整豆乳>>>豆乳飲料となります。

豆乳の栄養素

  • たんぱく質

→肉、骨などの構成成分

  • ビタミン(B,E)

→ビタミンB群は補酵素的機能、E群のホルモン調節機能など

  • イソフラボン

→エストロジェンに類似した構造をしているため、女性ホルモン効果があると噂になっている

  • 大豆レシチン

→リン脂質の一つであり、乳化作用、酸化防止作用、保水作用がある。アルツハイマー予防にも効果がある。

  • 大豆サポニン

→抗酸化作用、免疫力向上、肥満予防、血流改善など

豆乳を飲む目的

豆乳を飲むって、何か目的がありますよね。

味もあまり美味しくはありません。

  • ダイエット
  • 美肌効果
  • 貧血予防

などが多いかもしれませんね。

いつ飲めばいい?

目的によって変わってきます。

イソフラボン効果を得たい場合は

『起床時の一杯』

だと思います。体の吸収率が高い朝に飲むのが効果的でしょう。

血管系(血流・血圧・コレステロール低下)を考えている場合は

『食後の1杯』

をお勧めします。

大豆ペプチドが、コレステロールを吸着しますので、結果的に低コレステロール化が望めます。

また、大豆サポニンによる血流改善効果も見込めます。

飲む量は?

一日の上限を400mLに留めた方がいいでしょう。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに類似した構造式を持っています。

そのため、女性ホルモン受容体にイソフラボンが結合し、結果女性ホルモンと同様の効果が得られる仕組みになっています。

このイソフランボンは、抗ガン作用がある事でもしられており、適切な量を摂る事で効果を発揮します。

しかし、過剰摂取をすると女性であれば、子宮体癌の増加であったり、月経不順などのリスクが高まります。

男女ともに、乳がんのリスクも高まるともいわれています。

それらを踏まえて、1日にコップ1~2杯程度にとどめておいた方が無難なのです。

まとめ

豆乳は、優秀な食材の大豆から作られています。

女性ホルモンと似た作用を持つ、エストロジェン。

抗酸化作用、ダイエット効果、血流改善と、素晴らしい効果が期待できます。

しかし、摂りすぎはかえって危険な可能性もあるので気を付けましょう。

日常的に豆乳を飲むのであれば、他の大豆製品の摂取も気を付けた方がいいかもしれません。

ではまた!

 

・・・。

ps:髭に豆乳は効きません。

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。