サプリメント

ビタミン剤の比較【日本と海外】

最近、サプリの含有量が気になっているぴんまです。

私が飲んでいる二つのサプリと、日本の推奨量を比較してみました。

ビタミン・ミネラルの摂取基準と日本・海外サプリの含有量

ビタミンの含有量と摂取基準(30才)
ビタミン摂取基準2015年版 ネイチャーメイドマルチビタミン NaturesWayマルチビタミン
推奨/上限
ビタミンA 900/2700(300%) 300μg 3750IU(150%)
ビタミンB1 1.4/- 1.5mg 25mg(1667%)
ビタミンB2 1.6/- 1.7mg 25mg(1471%)
ビタミンB6 1.4/40(2800%) 2mg 40mg(2000%)
ビタミンB12 2.4/- 3μg 100mcg(1667%)
ナイアシン 15/350(2300%) 15mg 50mg(250%)
パントテン酸 5/- 6mg 40mg(400%)
ビオチン 記載なし 50μg 325mcg(108%)
葉酸 240/1000(400%) 240μg 400mcg(100%)
ビタミンC 100/- 125mg 175mg(292%)
ビタミンD 5.5/100(1800%) 10μg 1000IU(250%)
ビタミンE 6.5/800(12300%) 9mg 120IU(400%)
カルシウム 650/2500(380%) 200mg 100mg(10%)
マグネシウム 370/- 100mg 50mg(13%)
亜鉛 10/45(450%) 6mg 30mg(200%)
7.5/55(730%) 4mg 記載なし
1.0/10(1000%) 0.6mg 4mg(200%)

エクセルを貼り付けたら見にくくなってしまった(笑)

表を作ってわかったこと

  • 海外サプリは含有量が日本製と比べて桁外れの量。
  • 亜鉛の30mg(200%)に脱帽
  • 亜鉛サプリ飲むの辞めます。(上限オーバーのため)

日本と、単位が違って比較しにくいですが、%表記があったので助かりました。

マルチビタミン・ミネラルが物凄い凝縮されているようです(笑)

まさかここまで違うとは・・・。

ヨウ素もかなりの含有量だったので、甲状腺疾患のある方は要注意ですね。

まとめ

  • 海外のサプリは日本のサプリとはまるで別物であった。
  • 含有量がけた違いに多いので、基礎疾患のある方は一度見直すべき。

サプリを購入する際は、価格以外にも含有量をよく確認したほうがいいですよ!

日本のサプリは、本当に補助食品的に作られていますが、海外のはサプリだけで完全にカバーできる量が含まれていますね。

栄養はサプリよりも食事から摂るのが基本ですので、日本製のサプリの方が良いかもしれませんね。

サプリと食事で過剰摂取になっている可能性が出てきますからね!

iherbでサプリを買っている皆さん!気を付けましょう!

ではまた(‘ω’)ノ

 

 

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。