サプリメント

チアシードを6ヶ月以上飲み続けた結果

チアシードを聞いたことはありませんか?

『ダイエット効果がある』

『お腹の中で膨らんで、満腹感がある』

巷で噂になっているチアシードを半年程飲み続けた結果を書いていきたいと思います。

チアシードとは

しそ科のチアと呼ばれる植物の種子です。

チアシードとは、別名『力の種』とも呼ばれているらしく、非常に栄養価の高いスーパーフードとして知られています。

特徴的なのが、水に漬ける事で種子の周りにグルコマンナンと呼ばれるジェル状の物質が生成される所です。

このグルコマンナンによって体積が増し、少量でも腹持ちがよく、ダイエット効果があると言われています。

栄養価はどうでしょう。

  • α-リノレン酸(必須脂肪酸)
  • 9種の必須アミノ酸
  • グルコマンナン(食物繊維)
  • セレン(抗酸化作用)
  • 鉄分(ほうれん草の3倍の含有量)
  • 50kcal(スプーン一杯)
  • 糖質は1g前後(スプーン一杯)

抗酸化作用のある、必須脂肪酸やセレンを含むばかりでなく、必須アミノ酸も全て含んでいます。

また、カロリーは高いものの低糖質であり、チアシード単体で考えるとダイエットには優れた食材であることがわかります。

チアシードの摂取の仕方

チアシードは、体に取り込む前に必ず水に漬けなくてはなりません。

大さじ1杯の量に対して水を150mL入れます。

この作業がなぜ必要になるかというと

『発芽毒』

というものがチアシードにはあると言われているからです。

水に漬ける事によって無毒化できるようです。(実際体調不良になってないので、大丈夫と思います)

実はネット上の情報では、発芽毒の有無について諸説あり、何が正しいのかよくわかりません。

しかし、チアシードの醍醐味でもある、グルコマンナンを最大限活かすために、水に漬けるようにしましょう。そちらの方が間違いがないので!

水に漬けてジェル状にする事によって、飲みやすく、そして種をそのまま食べるよりかは食べた感じがするものです。

私はプロテインに入れたり、グァバジュースに入れたりして飲んでいました。

チアシードを半年飲んでわかったこと

『チアシードにダイエット効果がある』というのは、正しくありません!

なぜなら、私は痩せなかったからです。

チアシード単体で考えると、『低糖質、高たんぱく、良質な脂質』といったダイエットに必須な条件を含んでいますが、あくまでチアシード単体での話です。

通常の生活に取り入れた所で、カロリーのかさ増しになっているだけなので、まず痩せません。

しかし、チアシードが優秀な食品な事に変わりはないので、しっかりとダイエットについて理解したうえで摂取すれば、効果が出ると思います。

チアシードは、ナッツ類のような感覚で考えるのが良いです。

つまり、糖質を制限している状態で摂取すれば、ダイエット効果が見込めるんじゃないかと思います。

糖質と脂質は仲良しなので、チアシードドリンクを飲んで、普通にご飯を食べていては、それは脂肪になってしまいます。

なので、高脂質になる事を念頭において、食事内容を見直す必要があります。

極力糖質を摂取せずに、高たんぱく、良質な脂質を摂って痩せる。

すなわち、ケトジェニックにピッタリなのではないかと思います。

まとめ

  • チアシードで痩せるという認識は間違い
  • ケトジェニックダイエットに合っている為、初心者には扱いにくい
  • 栄養は素晴らしいので、栄養補充で摂る分にはお勧めできる

チアシードは、簡単に良質な栄養を摂取できる素晴らしい食材です。

しかし、安易な考えで飲んでも、『決して痩せることは無い』という事を理解し、正しく摂取するようにしましょう。

私は、純粋にチアシードが好きなので、これからも飲んでいくつもりです。

ではまた!

 

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。