ぴんまブログ

ボディメイクは1ヶ月前の自分と比較して【筋トレ】【ダイエット】

筋トレやダイエットをして、カッコイイ体になりたい!

そう思って頑張るのはいいけど、どのくらい頑張ればよいのでしょうか?

半年?一年?

長期間頑張れば頑張るほど効果は出るはずですが、それにやる気が伴うかが問題・・・。

そんな悩みを解消できるのが「一ヶ月前の自分と比較する」という事です。

今回は、なぜ一ヶ月前なのか?何を比較すればいいのか?等について説明していきたいと思います。

ボディメイクは1ヶ月前の自分と比較して

なぜ一ヶ月前なのか?

  • 筋力の比較
  • 体重の比較
  • 知識の比較

一ヶ月は短い期間ですが、実は上記の内容は十分比較できるようになっています。

筋トレやダイエットを一ヶ月もすれば必ず起こる変化があります。

代表的なのは「筋肉痛」ですね。

筋トレをし始めのときは少し筋トレをするだけで「凄まじい筋肉痛」に悩まされると思いますが、一ヶ月後に同様のトレーニングをしても、同等の筋肉痛になる事は無いでしょう。

一ヶ月前の自分と比較すると得られるメリット

また、一ヶ月という短い期間だからこそ得られるメリットもあります。

  • 短期的に過去の自分と比較するため、成長を感じやすい
  • モチベーションの維持がしやすい

1年前の自分と今の自分を比較する」

これだと変化は凄そうですが、そもそも1年間努力をし続けないと評価ができませんね。

1年とりあえず頑張れ!と言われて素直に1年頑張れる人はいるのでしょうか・・・?

その点、「とりあえず1ヶ月頑張ってみよう!」

と言われた場合は「なんだかやれそうな気がする」と思えてきますよね。

と、ここまでは良いことずくめの話をしてきましたが、実はこのやり方にはデメリットもあります。

まぁ、これをわかった上でボディメイクをこなしていけば、特に大きな障壁にはならないので、知っておくと吉ですよ!

一ヶ月で過去の自分と比較する事で生じるデメリット

  • 停滞期にぶち当たると変化を感じれなくなる
  • 早熟スタイルなので、急成長後の緩やかな成長に耐えれない

初めの数か月って、実は物凄い筋力も伸びるし、体重も落ちやすいんです。

だから、1ヶ月で〇〇kgのベンチが上がった!とか、〇kg減量できた!とか、そういった成功経験が記憶に残ってしまうんです。

ある程度成長すると、急激にその成長スピードは落ちてしまいます。

下手をすれば横ばいになるでしょう。

筋トレではやり方を変えたり、ダイエットもPFCバランスやカロリー計算をより厳しくしたり。

こういった絶え間ない努力をこなしていかないと、効果が感じられなくなってしまうんです。

なので、そうなってきたら1ヶ月で比較しても意味が薄いので、3ヶ月に延ばしたり、半年に延ばしてみてもいいかもしれません。

まとめ:初心者ほど1ヶ月の短いスパンで比較してみましょう

  • 1ヶ月でも効果は十分。成長を感じてモチベを維持しよう。
  • 1ヶ月ごとに筋力や体重を測定して、成長を感じよう。
  • 成長が緩やかになってきたと感じたら、3ヶ月、半年と比較期間を延ばそう

今回お話した要点は上記の内容になります。

とにかく、効果を感じてモチベ維持のために比較期間は短く設定すべき!というのが僕の持論です。

モチベを維持できれば、ボディメイクも維持できます。

ボディメイクは継続が命なので、1ヶ月比較を是非実践してみてください!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。