ぴんまブログ

【筋トレ】ジムに行くときに必要な物3選【市営ジム】

「筋トレをしにジムに行きたいけど、何を持っていったらいいのかわからない」という方はいませんか?

かくいう僕も、市営ジムに何を持っていったらいいか、わからずにいました。

市営じゃなくて、会員制のジムでしたら、それこそ職員やウェブサイトにも記載があると思います。

市営ジムって、安い代わりに職員がいない時間が圧倒的に多かったり、そもそもいなかったり、ウェブにも営業時間程度しか記載がない場合がほとんどなんですよね。

そこで、今回は初めてジムに行く人が困らないように、最低限必要な物を3つ選びましたので紹介していきたいと思います。

ジムに行くときに必要な物3選

それでは、実際に僕がジムに行ってその時に周りの人を観察して得た「ジムトレに必要なもの3つ」を紹介していきます。

トレーニングウェア




市営ジムってどんな格好をしていけばいいんだろう?

ジャージとかでもいいかな?上はTシャツでもいいかな?

色んな考えが頭を巡り他ますね。

私が実際にジムに行ってトレーニーの格好を観察した結果、以下の順で多かった事を記憶しています。

  • 1位:上下トレーニングウェア(6割)
  • 2位:下トレーニングウェア+上Tシャツ(2割)
  • 3位:下ジャージ+上Tシャツ(1割)
  • 4位:上下ジャージ(若干名)
  • 5位:私服(極若干名)

圧倒的多数で上下トレーニングウェアが多かったです。

これを選んでおけば、間違いないでしょう。

僕は二位の「下トレーニングウェア+上Tシャツ」でやっていましたが、どちらかというと少数派でしたね。

市営ジムなので、客層の平均年齢は高めです。それでもトレーニングウェアを着ている方は多かった印象ですね。

上下ジャージはむしろ暑そうでした(笑)お爺さんお婆さんの健康のための運動では、そのくらいの緩さの方がいいかもしれないですね。

私服は、一人だけ見たことがありますが、やはり違和感だらけでした!別に構わないとは思いますが、普通に動きづらいし暑いしお勧めできません!

1位~2位の服装が無難でしょう。

トレーニングシューズ(室内用)




これも案外知らない方が多いのでは?

ジムには、上履き(トレーニングシューズ)が必須です!

もし、持っていない方がいましたら、ぜひ用意しておきましょう。

外履きで入るのはマナー違反になりますよ!

僕も最初にジムに必要なものを調べまわって、急遽購入したのを覚えています(笑)

タオル

タオルも無いと困ります。

ウェイトトレーニングは、少しの回数でも汗が噴き出てきます。

汗を拭きとるタオルと、マシンについた汗を拭きとる用のタオルの2種類が必要でしょう。

ほとんどのマシンにはタオルが付属しているので、それで拭けばOKですが、たまについていないマシンもありますので・・・。

他人の汗がびっしょりついているマシンで筋トレはしたくないですよね?

みんな同じ考えです。みんなで使うマシンは、キレイに使いましょう!

筋トレ上級者程、キレイにマナー良く使っているのが常識らしいですよ(笑)

続いて、必須ではないけど、あったらいいなと思ったものを4つ挙げてみます。

あったらいいなと思うもの4つ

音楽が聴ける周辺機器

今ならスマホで音楽を聴く方も多いと思います。

ブルートゥース等のコードレスタイプのイヤホンで聴けるとGOODですね。

実際音楽を聴きながらリラックスしつつトレーニングをしたり、集中しながらトレーニングをしている方が多くいました。

僕もスマホで作業用BGMを聴きながらトレーニングをしています。もちろん家トレでもです。

水分

やはり汗で失った水分はすぐに補給した方が良い!

筋トレを始めた初期の頃は、足をつりやすかったりするので、電解質やミネラルが入ったドリンクを飲むのがお勧めです。

ただし、アクエリアスとかは、糖質が多いのでデブエットに注意ですよ!

ホエイプロテイン

筋トレ30分後はプロテインのゴールデンタイムと呼ばれています。

この時間内にしっかりとプロテインを補給するためにも、ぜひ持って行ってトレ直後に飲みたいですね。

家がジムから近ければ、帰ってすぐ飲めばOKだと思います。

僕は、飲み忘れが多かったので、なるべく持って行っていくようにしてました。(数回しかジムに行ってませんが)

糖質

バナナやマルトデキストリン(粉飴)ですね。これらをトレ後に摂取することで、効率的に筋肉に栄養を届けるようになります。

まぁ、これは上級者用のアイテムかな~と個人的には思っています。

優先順位的にはかなり下ですね!

それよりも、3食の栄養バランスを見直す方がいいと思います!

パワーグリップなどの補助器具は

これは完全にその人の好みになるのではないでしょうか。

そもそも市営ジムには、めちゃくちゃ重い器具はありません。僕が素手や補助器具なしで、一番重いウェイトをこなせたので間違いありません。(ジムにもよる)

「腱や関節、腰を守りたい」という理由で使うのは正しい事なので、負荷がきつすぎるなと感じたら、使用を検討してもいいのではないでしょうか。

市営ジムで使っている人はあまり見た事が無いですけどね!

まとめ



  • トレーニングウェア
  • トレーニングシューズ
  • タオル

これだけあればとりあえずはOKです。

後はそのジムの雰囲気や、自分の上達度に合わせて微調整していけばいいかと思います。

ジムにいる時間は30~1時間程度だと思います。

多くの荷物を持ち込むとかえって邪魔になる可能性もあります。

自分が使うものをピックアップして持っていくようにしましょう!

ABOUT ME
ぴんま
ぴんま
自身の体のたるみ具合と、風邪をひいても中々治らない事で自分の老化を自覚し始めたです。 20代まで全く考えもしなかった、「老い」ですが、このHPでは老いに対し、筋トレやサプリメントを用いて、外見と内面の両方をケアしていく様子をブログを通じて報告していきたいと思います。 この“ケア”の方向性なのですが、基本的には誰でもできそうな事をやっていきたいので、ジム通いはまず考えていません。サプリもまずは安価なものを試していき、効果がありそうなものを探していきたいと思います。 どちらも未熟なので、しっかりと勉強をして実践していきます。